人気ブログランキング |
ブログトップ

カテゴリ:(福岡県)・八女( 43 )


2018年 12月 26日

大島・(福岡県八女市)

d0158053_22022798.jpg























▲小さな川を渡る“西テツバス”復刻カラー

 大島橋という言われなければ気付かずに通り過ぎそうな古い橋の欄干に、大正二年一月の文字が薄っすら消えかかりそうに刻まれています。ここにかつて走った西鉄福島線という路面電車が三井電気軌道の名で開通したのがその年の7月のこと。つまりこの橋は電車開通に合わせて掛けられたものが、今もそのまま残っているということなのでしょう。電車からバスへ、そしてマイカーへ。ずっと同じ場所で時代の移り変わりを見つめてきた小さな橋です。



d0158053_22023080.jpg



◎読み・・・おおしま
■運行・・・西鉄バス久留米株式会社 八女車庫
□路線・・・福島線[30・31・32](久留米~八女)


by hansman | 2018-12-26 22:00 | (福岡県)・八女
2018年 12月 24日

福島・(福岡県八女市)


d0158053_22021965.jpg























▲かつての福島電停をゆく”西テツバス”復刻カラー

 昭和33年に廃止された西鉄福島線電車のかつての終点福島には、当時の駅舎なのか、代替バス化後に整備されたものかは定かではありませんが、古めかしいバスのりばがそのまま残っています。この福島線が廃止された時代のカラーリングのバスが、期間限定で沿線に懐かしさを振りまきながら走っています。


d0158053_22022266.jpg


◎読み・・・ふくしま
■運行・・・西鉄バス久留米株式会社 八女車庫
□路線・・・福島線[30・31・32](久留米~八女)


by hansman | 2018-12-24 22:00 | (福岡県)・八女
2018年 01月 15日

田代・(福岡県上陽町)

d0158053_01160766.jpg























▲謹賀新年

 上陽町の中心部・大瀬より、細い谷筋を登ったところにある納又地区。そこには、故郷に帰る人たちを暖かく迎えるように、集落の入口に門松が設置されています。ゆっくり更新になっておりますが、本年もウエスタンビュー・イースタンビューをどうぞよろしくお願い申し上げます。


◎読み・・・たしろ
■運行・・・堀川バス株式会社 八女営業所
□路線・・・納又線(大瀬~横山)

by hansman | 2018-01-15 01:13 | (福岡県)・八女
2015年 02月 21日

羽犬塚駅前・(福岡県筑後市)

d0158053_0244013.jpg


▲堀川バスと西鉄バスが出会う

 JR鹿児島本線の羽犬塚駅から、八女福島・黒木を経て、矢部村へ至る羽矢線は、堀川バスで一番の幹線です。 その起点となるのが、羽犬塚駅前のバスのりば。 屋根が付いているだけの西鉄バスの停留所よりも数段立派な設えです。




◎読み・・・はいぬづかえきまえ
■運行・・・西鉄バス久留米株式会社 筑後車庫・大川支社/堀川バス株式会社 八女営業所
□路線・・・船小屋線(久留米~船小屋)[50]・大野島~羽犬塚線/羽矢線(羽犬塚~福島~黒木~矢部)

by hansman | 2015-02-21 22:00 | (福岡県)・八女
2014年 11月 17日

西鉄八女営業所・(福岡県八女市)

d0158053_23532224.jpg


▲営業所で休憩中の西鉄バス

 八女と久留米市内とを結ぶ、筑後地区随一のドル箱路線である、30番・31番福島線の運行を一手につかさどる、八女営業所。 熊本県境に近く、かつては山鹿方面のバスはもちろん、高速特急バスひのくに号の運行も担当していた由緒正しい営業所であり、はためく西鉄社旗もどこか誇らしげ。 とはいえ、八女の中心ターミナルはあくまで福島停留所であり、営業所からの乗降は人影まばらです・・・。



d0158053_23535098.jpg

◎読み・・・にしてつやめえいぎょうしょ
■運行・・・西鉄バス久留米株式会社 八女支社
□路線・・・福島線[30・31](久留米~八女)

by hansman | 2014-11-17 22:00 | (福岡県)・八女
2013年 05月 11日

犬山・(福岡県黒木町)

d0158053_22524631.jpg


▲長野隧道を抜けると・・・

 八女・福島の町から堀川バスに乗って、奥八女をめざし、古風な素掘り風のトンネルをくぐれば、そこはもう黒木町です。 町のゲートウェイとしてとても印象的で、これをくぐると黒木町までやってきたな、という旅情を感じることのできる、町のシンボルのようなトンネルです。 このトンネルの開通は100年をゆうに遡る明治22年。 あたりの岩盤は硬く、難工事だったとか。 トンネルの両側にはその硬く良質な石を使った八女灯篭の製作を行う石材店が何軒か並んでいます。



d0158053_22531433.jpg

◎読み・・・いぬやま
■運行・・・堀川バス株式会社 八女営業所
□路線・・・羽矢線(羽犬塚~八女福島~黒木~矢部)

by hansman | 2013-05-11 06:00 | (福岡県)・八女
2013年 05月 09日

内ノ城{付近}・(福岡県黒木町)

d0158053_22181330.jpg


▲矢部川に沿って

 矢部川の流れに向かって岩肌がせり出し、道路が整備される以前は、交通の難所だっただろうことが想像される内ノ城。 大藤祭りの期間中に臨時運行された西鉄のハイウェイバスが、休日の楽しいおもいでを乗せて下ってゆきました。



d0158053_22183431.jpg
★★期間限定運行★★
◎読み・・・うちのじょう
■運行・・・堀川バス株式会社 八女営業所
□路線・・・羽矢線

※福岡~黒木線[臨時高速]は、期間限定運行で、当停留所は通過。

by hansman | 2013-05-09 06:00 | (福岡県)・八女
2013年 05月 05日

大藤前Ⅱ・(福岡県黒木町)

d0158053_2243238.jpg


▲藤棚をくぐる堀川バス

 4月もおわり、そろそろゴールデンウィークが始まろうとする頃、境内いっぱいに咲き匂う藤の花。 黒木の大藤は、堀川バスが走る国道上の藤棚にまで枝を伸ばし、矢部川の岸辺に向かって広がっています。黒木の町が一年で最も賑やかになる時期でしょう。



d0158053_225048.jpg
◎読み・・・おおふじまえ
■運行・・・堀川バス株式会社 八女営業所
□路線・・・羽矢線(羽犬塚~八女福島~黒木~矢部)

by hansman | 2013-05-05 06:00 | (福岡県)・八女
2013年 04月 27日

飯干・(福岡県矢部村)

d0158053_23285863.jpg


▲飯干地区をゆく堀川バス

 昭和34年に完成した日向神ダムの建設にともない、多くの集落がダム湖の底へ水没した矢部村。 ここ飯干地区は、ダム湖の上流側の注ぎ口にあたる場所で、かろうじて水没を免れた地域でもあります。 そのため集落内には昭和30~40年ころの福島岩田屋や堀川バス切符売場のホーロー看板など、比較的古いものが良い状態で残っているようです。 矢部村の中心地はこれよりもう少し上流にあたります。 



d0158053_23285068.jpg

◎読み・・・いいぼし
■運行・・・堀川バス株式会社 八女営業所
□路線・・・羽矢線(羽犬塚~福島~黒木~矢部)

by hansman | 2013-04-27 06:00 | (福岡県)・八女
2012年 12月 05日

むくだにⅡ[臨時]・(福岡県星野村)

d0158053_22144896.jpg


▲秋の奥八女を走る

 夏の大水害で迂回運行している堀川バスです。山間部の棚田でも崖が崩落するなど大きな被害が出ましたが、被害を免れた田んぼではいつもどおり稲刈りが行われていました。


d0158053_22151469.jpg

◎書き・・・椋谷
■運行・・・堀川バス株式会社 八女営業所
□路線・・・星野線

by hansman | 2012-12-05 06:00 | (福岡県)・八女