ブログトップ

タグ:宮崎交通 ( 36 ) タグの人気記事


2011年 02月 22日

片田回転場[終点]・(宮崎県延岡市)

d0158053_21314840.jpg


 ◆片田回転場でしばしの休息。

 (南延岡駅近くの、愛宕山の山蔭にある集落・片田の終点にバスがやってきました。 工業都市として発展してきた延岡市では、かつては旺盛なバス需要があったのだろうと想像しますが、市内はマイカー時代全盛といった具合で、バスの乗客はさっぱりです。  なお、非常にどうでも良い話ですが、この写真の車はせっかく“回転場”という珍しい名前なのに、回転せずに、律儀にバック駐車いたしました。 ちょっと期待ハズれでしたが、その方が停めやすいんでしょうね!)



d0158053_21321321.jpg

◎読み・・・かたたかいてんじょう
■運行・・・宮崎交通株式会社 延岡自動車営業所
□路線・・・富美山団地~片田線[10]
[PR]

by hansman | 2011-02-22 17:16 | (宮崎県)・延岡/高千穂/日向
2011年 02月 11日

後原・Ⅱ・(宮崎県高原町)

d0158053_2335183.jpg


 ◆路面に降り積もった火山灰を巻き上げながら、お昼のバスが姿をくらます様に通過していった。

 (長い間、沈黙を保ってきた霧島山新燃岳が、爆発的噴火を繰り返し始めたことは全国的に大きく報道されている通りですが、現地に足を運ぶと路線バスだけでなく、多くの業種が多量の降灰に負けないように、必死に頑張って営業していました。 いつもの時間にいつもの路線バスがやってくるのは、住民にとってとても大切なことであるのを再認識させられる光景です。)



d0158053_2044262.jpg
★★2回目通過停留所★★
◎読み・・・うしろばる
■運行・・・宮崎交通株式会社 小林管理所
□路線・・・祓川線
[PR]

by hansman | 2011-02-11 08:47 | (宮崎県)・都城/小林
2011年 02月 09日

後原・(宮崎県高原町)

d0158053_23122935.jpg


 ◆霧島連山・新燃岳の裾野の集落、狭野地区を走る祓川線。

 (冬の時期は、宮崎県側のこちらが風下となることが多く、大量の降灰によって、農業被害など多方面への影響を及ぼしています。 特にこの地区は、火口からの熱風や土石流、火砕流の危険性が高いところであり、人的被害だけは無い様に願うばかりです。)



d0158053_23125421.jpg

◎読み・・・うしろばる
■運行・・・宮崎交通株式会社 小林管理所
□路線・・・祓川線
[PR]

by hansman | 2011-02-09 00:00 | (宮崎県)・都城/小林
2010年 11月 16日

今山ニュータウン[終点]・(宮崎県延岡市)

d0158053_21543612.jpg


 延岡駅前の鳥居をくぐり、たどり着いた小高い丘の頂上には日本一の弘法大師像、今山大師がある。 今山ニュータウンはその裏手の丘陵地帯を切り拓いて開発された富美山団地の中でも新しい部類であり、市内線の終点となっている。 旭化成の企業城下町として栄えた延岡市も郊外へのドーナツ化現象が確実に広がって、交通の主流はマイカーになっており、バスの存在感は小さくなるばかりだ。 



d0158053_21563881.jpg

◎読み・・・いまやまにゅータウン
■運行・・・宮崎交通株式会社 延岡営業所
□路線・・・富美山団地線[10]
[PR]

by hansman | 2010-11-16 22:05 | (宮崎県)・延岡/高千穂/日向
2010年 07月 01日

日之影・(宮崎県日之影町)

d0158053_21103978.jpg


 五ヶ瀬川に沿った、深々とした渓谷が美しい町・日之影。 川べりのわずかな土地に町が築かれ、発展してきた。 延岡~高千穂を結ぶ高千穂鉄道は、川沿いの美しい渓谷美のロケーションが災いして、台風の大水で路盤や橋梁が流出し廃止となり、今ではたった数便の路線バスと2便の特急バスが、川沿いの旧道経由と、尾根伝いのバイパス経由に手分けして沿線住民を運んでいる。 



d0158053_2141481.jpg
◎読み・・・ひのかげ
■運行・・・宮崎交通株式会社 南延岡営業所 高千穂管理所
□路線・・・延岡~高千穂線(旧道経由)
[PR]

by hansman | 2010-07-01 21:04 | (宮崎県)・延岡/高千穂/日向
2010年 05月 19日

長谷川入口・(宮崎県日之影町)

d0158053_2085054.jpg




 熊本県蘇陽町、阿蘇の外輪山に端を発する五ヶ瀬川は、深い渓谷美を形成しながら日向灘に注ぐ。 延岡~高千穂を結ぶ道路は元来、この深々とした谷底を五ヶ瀬川に寄り添いながら走っていたが、現在でも宮崎交通の路線バスがこの旧道を往来している。 新しいバイパスは谷間に巨大な橋を架けて、断崖を見下ろしながら山の尾根を走っているため、暗い谷底の旧道とは全く趣きが異なり、その好対照な陰陽の差が魅力的なところだ。


d0158053_0194644.jpg
◎読み・・・はせがわいりぐち
■運行・・・宮崎交通株式会社 南延岡営業所 高千穂管理所
□路線・・・延岡~高千穂線 (南延岡~延岡駅~日之影~[旧道]~高千穂)
[PR]

by hansman | 2010-05-19 20:36 | (宮崎県)・延岡/高千穂/日向