ブログトップ

タグ:峠 ( 17 ) タグの人気記事


2018年 06月 01日

見坂峠Ⅳ・(福岡県若宮町)

d0158053_23132743.jpg

▲見坂峠越えに挑むJRバス

 真新しい見坂トンネルが開通し、いよいよこの6月からJRバスもトンネル経由にルートが変更されました。これにより、見坂峠のヘアピンカーブを行きかうJRバスは見納めとなり、これまでの運行のネックが大きく改善されています。ダイヤ上は2分の短縮にすぎませんが、精神的な時間距離はかなり短縮されたように感じます。


d0158053_23151495.jpg



◎読み・・・みさかとうげ
■運行・・・JR九州バス株式会社 福岡中部支店
□路線・・・福間線(直方~福丸~福間)

[PR]

by hansman | 2018-06-01 22:00 | (福岡県)・宗像/遠賀
2018年 05月 30日

見坂峠Ⅲ・(福岡県若宮町)

d0158053_22590281.jpg

▲見坂峠を越えるJR九州バス

 見坂峠は、福間町と若宮町とを結ぶ県道であると同時に、九州縦貫自動車道の福岡~北九州間のサミットでもあります。峠の頂上付近では広々としたハイウェイが並行し、県道は大きな切り通しの隅っこに追いやられたように、窮屈そうに山を越えてゆきます。




d0158053_21490336.jpg



◎読み・・・みさかとうげ
■運行・・・JR九州バス株式会社 福岡中部支店
□路線・・・福間線(直方~福丸~福間)

[PR]

by hansman | 2018-05-30 22:00 | (福岡県)・宗像/遠賀
2018年 05月 29日

見坂峠Ⅱ・(福岡県福間町)

d0158053_22033819.jpg

▲見坂越えに挑むJR九州バス

 福間の町を後にして、ヘアピンカーブの連続する峠道に挑む深紅のボデーに、初夏の新緑が映えています。見坂峠は小さな峠で、ちょうど福岡都市圏と筑豊とを隔てる犬鳴山地が背を低くした鞍部に当たります。しかし、そのカーブのきつさは福岡県下の路線バスとしては指折りで、運転士さんの軽やかなハンドルさばきを見ることができます。バスの後ろに立っているカーブ番号標識は、福岡県道ならではのもので、山口県の黄色いガードレールには及ばないとしても、他県ではあまり見られない独特のものなのだとか。




d0158053_21490336.jpg




◎読み・・・みさかとうげ
■運行・・・JR九州バス株式会社 福岡中部支店
□路線・・・福間線(直方~福丸~福間)

[PR]

by hansman | 2018-05-29 22:00 | (福岡県)・宗像/遠賀
2018年 05月 28日

見坂峠・(福岡県若宮町)


d0158053_21552937.jpg























▲玄界灘をバックに走るJR九州バス

 海岸の小さな町・福間から峠を越えて、筑豊盆地へ至るJR九州バス福間線。背後に玄界灘を擁しながら次第に緑深い山の中へと入ります。







d0158053_21490336.jpg


◎読み・・・みさかとうげ
■運行・・・JR九州バス株式会社 福岡中部支店
□路線・・・福間線(直方~福丸~福間)

[PR]

by hansman | 2018-05-28 22:00 | (福岡県)・宗像/遠賀
2017年 06月 23日

見坂峠{付近}・(福岡県福間町)

d0158053_22462288.jpg























▲ハイウェイを疾走する西鉄高速バス

 福岡と北九州を結ぶ高速バス「福北ライン」のルート上に控える見坂峠は、比較的平野部の多い福岡県内の九州自動車道の中では、起伏の大きな峠越え区間です。宗像付近と北九州を隔てる小高い山脈が、県内二大都市の交流の微妙な妨げになっており、同時に県内にもかかわらず、様々な習慣や文化の違いが生じる遠因になっているようにも感じられます。

 
◎読み・・・みさかとうげ
■運行・・・西日本鉄道株式会社 博多・北九州高速自動車営業所/西鉄バス北九州株式会社 香月・行橋自動車営業所など
□路線・・・福岡~北九州線[高速]・福岡~下関線[高速]・福岡~直方線[高速]・福岡~行橋線[高速]・福岡~中間・香月線[高速]・北九州~熊本線[高速]・北九州~長崎線[高速]・本州・四国方面各路線など
[PR]

by hansman | 2017-06-23 22:56 | (福岡県)・博多/糟屋/市内東部
2014年 05月 20日

入来峠・(鹿児島県郡山町)

d0158053_041563.jpg


▲薩摩路のやまなみを越えて

 鹿児島市内と宮之城を結ぶ、JR九州バスの北薩線。その最大の難関が、途中にそびえる入来峠です。バスの車窓からは、遠くにかすむ鹿児島市街地、そして桜島、天気の良い日は薩摩半島の先の方まで見通せるような雄大なやまなみを眺めることができます。JRバスの真っ赤なボデーと新緑の対比が美しい季節です。




◎読み・・・いりきとうげ
■運行・・・JR九州バス株式会社 鹿児島支店
□路線・・・北薩線[54-1](鹿児島駅~郡山~宮之城)
[PR]

by hansman | 2014-05-20 22:00 | (鹿児島県)・鹿児島市内近郊
2012年 04月 15日

知野・(大分県安心院町)

d0158053_22234327.jpg


▲九人ヶ峠を下る大分交通

 安心院の盆地を望む丘の上に、くたびれた観光ホテルが威風堂々と建っています。 このホテル、もともとは、大分交通が運営しており、大交ホテルと呼ばれていました。 現在は亀の井ホテルとして営業していますが、まことにややこしい事に、別府を走るあの亀の井バスとは何の資本的つながりもない別会社がやっています。 まあルーツを辿れば別府観光の父・油屋熊八翁に遡るので元々一緒の亀の井だったけれど、紆余曲折あって分かれてしまったといった所でしょうか。
 この道は、安心院と院内の円座をショートカットする九人ヶ峠ですが、肝心な安心院~中津を結ぶ幹線系統は院内の中心部に廻り道をするため、この短絡路を活用できずじまいとなっており、代わりに西椎屋線のローカル系統が細々と走っています。



d0158053_22235821.jpg

◎読み・・・ちの(血野?)
■運行・・・大交北部バス株式会社 安心院営業所
□路線・・・西椎屋線(安心院~田所)
[PR]

by hansman | 2012-04-15 06:00 | (大分県)・国東半島/宇佐/中津
2012年 04月 09日

白岩・(熊本県芦北町)

d0158053_21523788.jpg


▲三太郎越えに臨む産交バス

 かつては、胸がすく様な断崖の峠道を、大型トラックなどとギリギリの離合を交わしながら走っていたと伝えられる三太郎峠は、北から赤松太郎・佐敷太郎・津奈木太郎という三つの峠の総称です。
 今では国道トンネルで一直線に越えられますが、それでも八代~水俣間の国道3号線はこれでもかというように峠があらわれるような印象で、路線バスで行くには少々つらい区間です。 とはいえ、明治時代の水俣の小学生の修学旅行では、草鞋をはいて肥薩線の吉尾駅まで歩いていっていたそうですから、路線バスに乗っとくのがつらいというは、あくまで"現代の感覚”での話。 何たって水俣に新幹線が停まる時代ですから。



d0158053_21525121.jpg

◎読み・・・しろいし
■運行・・・産交バス株式会社 八代・水俣営業所
□路線・・・3号線(八代~水俣)
[PR]

by hansman | 2012-04-09 06:00 | (熊本県)・八代/人吉/水俣
2012年 03月 29日

郷の原Ⅱ・(福岡県篠栗町)

d0158053_22545721.jpg


▲桜を眺めながらの峠越え

 八木山峠は、福岡都市圏と内陸の筑豊地区をむすぶ峠道です。 春の咲く頃になると、つづら折りの沿道に数え切れないほどのおびただしい桜の木が満開の花をたわわに付けて迎えてくれます。既に西鉄バスの路線としての役割は終えている区間ですが、大型トラックや自家用車などの交通量は今でも非常に多く、旧道化といった哀しさは一切感じられません。)



d0158053_2330695.jpg
★★平成24年3月31日廃止★★
◎読み・・・ごうのはる
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 飯塚本社
□路線・・・八木山線[無番]
[PR]

by hansman | 2012-03-29 01:00 | (福岡県)・博多/糟屋/市内東部
2012年 03月 29日

郷の原・(福岡県篠栗町)

d0158053_20544197.jpg



▲八木山越えに挑む中型バス

 春先の八木山峠は、沿道に桜が咲き乱れて美しい。 ここは今も昔も、筑豊と福岡を結ぶ大動脈ですが、特急バスや急行バスはすべて並行して開通した八木山バイパスのトンネル経由に振り替えられてしまい、現在では一日10往復程度の路線バスだけが細々と峠越えの歴史を守っています。



d0158053_2174553.jpg
★★平成24年3月31日廃止★★
◎読み・・・ごうのはる
■運行・・・西鉄バス筑豊株式会社 飯塚本社
□路線・・・八木山線
[PR]

by hansman | 2012-03-29 00:00 | (福岡県)・博多/糟屋/市内東部